本文へスキップ

街かどの保健室 パスカル薬局

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.077-562-9354

〒525-0032 滋賀県草津市大路1-11-16

DelfAI情報研究所

開設趣旨

方針イメージ DelfAI(デルファイ)の源語であるDELPHIとは、古代のギリ
シャで神託を行っていた都市の名前です。

医療情報が氾濫する現代では、より的確に正しい情報に接す
ることが重要です。そのためにも、今後の社会環境の中では
AI(人工知能)を応用した技術は、次世代の医療のカギにな
ると言われています。

(株)パスカルシステムでは、これまでにAIやICTを活用したビッグデータの解析や、仕事と人材のマッチング
などの技術を蓄積してきました。昨今、時代とともに、こうしたニーズは益々大きくなるばかりです。そこで
医療やヘルスケアの分野に我々の技術を本格的に応用することを目的として、2018年4月にこれまでの組織を
改編してDelfAI情報研究所を設立しました。

代表 博士(学術)横井正之 

主な業務
 
・医療情報の研究及び研究支援
・社会科学系情報解析のコンサルタント
・AIを応用した医療機関向けのシステム&アプリケーション開発
・商標・ネーミングの考案
・コラムの執筆、医療情報番組(ネット、ラジオなど)のプロデュース
・教育講演・研修講師・サイエンスコミュニケーター
・びわこゼミの開催

びわこゼミ 
びわこゼミは、これからの薬局においては、地域において特に薬局薬剤師が本格的な学会での
研究発表・論文投稿を行う力を養成することが急務であるという問題意識から、2012年7月に
スタートしました。2018年4月からは、新しく設立されたDelfAI情報研究所の管轄となりました。
当ゼミは、薬局薬剤師のエビデンスの構築を支援し、さらには専門薬剤師や修士などを目指す
ための薬局薬剤師のゼミでもあります。あくまで実力養成のゼミなので、宣伝やパフォーマンス
目的ではありません。本格的なゼミとして大学院で行われているゼミや演習と同等のレベルで
運営しています。


  1. 目標設定

    研究の目標・意義を定め、自分の研究領域を決めます。
  2. 研究計画・演習

    演習や講義で研究の基礎的な知識を身に着け、研究計画を立てます。
  3. 討論・検討

    研究計画や結果についての検討を行います。
  4. 学会発表

    本格的な学会の学術大会での発表を行います。
  5. 論文投稿・査読

    査読付学術誌への論文投稿を行い、国内外の学術誌への掲載を目指します。

FAQ 

学位や資格を目指さないとびわこゼミで活動できないのでしょうか?

★びわこゼミでは、薬局薬剤師が研究を行いエビデンスとしての論文投稿を行う力を養成することを目標に
 しています。学位や専門薬剤師の資格を必ずしも必須とするものではありませんが、活動の趣旨を理解し、
 何より学会発表等の研究活動は宣伝活動と違うことを前提としていただく必要はあります。最終的には、
 薬剤師の活動のエビデンスを集積するとともに、基礎薬学を臨床薬学へと進化させ、現在不十分な薬局薬学
 を確立していくことを目標としています。

 これまでの大学との共同研究の実績は?
★これまでの大学や大学院との共同研究の実績は、立命館大学薬学部、滋賀県立大学人間看護学部、放送大学
 大学院文化科学研究科などがあります。

どのようなテーマを扱っているのでしょうか?

★びわこゼミでは、研究テーマを絞っているわけではありませんが、その活動の趣旨から主にドライ(情報
 系)のテーマを主に扱っています。従って、化学合成やマウスを使ったいわゆるウェットのテーマは基本的
 には扱いません。

 薬局薬剤師としては、どのような専門薬剤師を目指すことが出来るのでしょうか?
★専門薬剤師については、現在、薬局薬剤師で取得できる日本医薬品情報学会の医薬品情報専門薬剤師の取
 得を主な目標にしています。大学院入学・研究及び専門薬剤師の取得には、査読付き学術論文誌に掲載され
 る、筆頭著書の論文が必要であったり、あるいはそうした論文を書く能力(研究能力)が求められます。
 びわこゼミでは、そのための基礎となる研究能力の養成を行うことを目標にしています。

DelfAI情報研究所パスカル薬局

〒525-0032
滋賀県草津市大路1-11-16 
パスカル薬局内

TEL 077-562-9354
FAX 077-562-9353