本文へスキップ

街かどの保健室 パスカル薬局

電話でのお問い合わせはTEL.077-562-9354

〒525-0032 滋賀県草津市大路1-11-16

滋賀県草津市のJR草津駅東口パスカル薬局

ようこそ 株式会社パスカルシステム パスカル薬局のホームページへ。

パスカル薬局は、管理薬剤師1名 勤務薬剤師2名 事務職員6名の体制です。
薬学部学生の実務実習受入れ薬局です。

information of pharmacyお知らせ

  • 11月10日:日経BP社の日経ドラッグインフォメーション11月号に「消化されずに便中に排泄された錠剤」が掲載されました。
  • 10月10日:日経BP社の日経ドラッグインフォメーション10月号に「一包化で配合変化を来す組み合わせ」が掲載されました。
  • 10月10日:第70回日本薬学会関西支部大会で、「Tweet情報によるダイエット成功率の計算と該当tweetカウントの関数モデル検討」など5演題を発表しました。
  • 10月5日:日経BP社「日経DIクイズ 小児疾患編」に「アイピーディDSとの混合で起こる配合変化」が掲載されました。
  • 7月30日:発表学術論文 Canadaの学術誌 Global Journal of Health Science に  "Will the Conversion fron Sanatorium Medical Facilities into New Facilities Progress in Japan?" が掲載されました。
  • 5月25日:調剤と情報 別冊 ”薬局薬剤師の専門性ファーストガイド” に「医薬分業の進捗による薬剤料の抑制効果」が掲載されました。
  • 5月27日:薬局新聞にコラム「アフタコロナの社会と9月入学」が掲載されました。
  • 5月10日:日経ドラッグインフォメーション5月号に「細粒の一包化に影響を及ぼす添加剤」が掲載されました。
  • 4月8日:薬局新聞にコラム「2020年の薬剤師の岐路」が掲載されました。
  • 3月31日:発表学術論文 アプライド・セラピューティクス学会学術誌”アプライド・セラピューティクス ”に 10年後のプライマリ・ケアの薬剤師〜超高齢社会とAI時代に求められる薬局薬剤師像〜" 」が掲載されました。
  • 3月25日:薬局新聞にコラム「医薬品の性質と薬局の役割」が掲載されました。
  • 3月4日:薬局新聞にコラム「薬局の多様性の方向性」が掲載されました。
  • 2月10日:日経ドラッグインフォメーション2月号に「耳鳴にサイトテックが出された理由」が掲載されました。
  • 1月15日:薬事日報に「内服薬6割は保存に注意」の取材記事が掲載されました。
  • 1月1日:薬局新聞にコラム「2020年へ向けて」が掲載されました。
  • 12月11日:薬局新聞にコラム「薬学教育の方向性」が掲載されました。
  • 12月1日:第33回日本プライマリ・ケア連合学会大会近畿地方会で発表演題 「地域の薬局において一包化を行う際に薬剤師の製剤評価が必要な薬剤の調査」
  • 12月1日:第33回日本プライマリ・ケア連合学会大会近畿地方会で発表演題 「薬局における研究活動の意識醸成手段としての実務実習中の研究活動の評価」
  • 11月11日:発表学術論文 Canadaの学術誌 Global Journal of Health Science に  "Why Did the Policy  to Convert Hospitals Into Facilities Not Work in Japan?" が掲載されました。
  • 11月6日:薬局新聞にコラム「上田薬剤師会へのエールと期待」が掲載されました。
  • 10月10日:日経DIクイズ「センノシドの効果を高める食事指導」が掲載されました。
  • 9月25日:薬局新聞にコラム「薬剤師の問診」が掲載されました。
  • 9月8日:第10回日本アプライド・セラピューティクス学会大会シンポジウムで発表演題 「10年後のプライマリケアの薬剤師〜超高齢化とAIの時代のわが国の薬剤師の将来像〜」
  • 8月28日:薬局新聞にコラム「非薬剤師業務にみる進化論」が掲載されました。
  • 8月25日:第4回日本薬学教育学会大会発表演題 「医療人に必須の死生観や倫理観の涵養を目指した「薬学応用演習」の実践とその教育効果」
  • 8月25日:第4回日本薬学教育学会大会発表演題 「実務実習前後におけるかかりつけ薬局・薬剤師に対する薬学生の意識変化」
  • 8月24日:第4回日本薬学教育学会大会発表演題 「糖尿病網膜症マネジメントに関する薬局薬剤師の現状と今後の課題」
  • 8月24日:第4回日本薬学教育学会大会発表演題 「薬局実習の研究活動の有無による薬学生の研究に対する意識調査」
  • 8月14日:薬局新聞にコラム「新コアカリの実務実習あれこれ」が掲載されました。
  • 3月23日:日本薬学会第139年会発表演題 「患者が考えるかかりつけ薬局の機能と薬剤師の認識の差の調査」
  • 3月1日:発表学術論文:日本薬学教育.第3巻.1-7 (2019)「学生の臨床意識向上を目指した実務実習事前学習における薬物治療モニタリング(TDM)教育」

Pascal Pharmacy
営業時間 月火水金 9:00~19:00
     土    9:00~13:00
定休日  木曜/日曜/祝日パスカル薬局

〒525-0032
滋賀県草津市大路 1-11-16
TEL 077-562-9354
FAX 077-562-9353
E-mail syrup@pascal21.com
処方箋はFAXでも受け付けています。

スマートフォン版

パスカル薬局

スマートフォン版